求人で行われる適性検査

求人の適性検査は対策可能

求人の適性検査の目的とは

色々な求人を探していると、履歴書の提出や面接試験に加えて適性検査とされている場合があります。適性ってどんなことを検査するのか不安に感じるかもしれませんが、あまり難しく考えなくても大丈夫です。求人における適性検査は専門的なことは無く誰でも出来る簡単なものです。では何のために企業は適性検査を行うのでしょうか。それはもちろん募集職務に対しての適性をある程度見極めたいという思いはあります。しかしながら実際は人事担当や採用担当が面接試験に対する補間情報が欲しいからです。どの企業も採用するからには少しでも能力が高い人材が欲しいのはもちろんです。履歴書などでは求職者からの一方的な情報であり、さらに詳しく情報を集めるため面接試験を行います。それでもせいぜい一人に対してかけられる時間は1時間程度です。その人の性格、考え方などなかなか短い時間では見極められません。そこで実施する代表的なものが適性検査です。検査には様々なものがありますが代表的なものにはクレペリン検査などがあります。これは検査用紙にぎっしりと並んだ一桁の数字を、左上から順番に見て足し算を繰り返し行っていくなど簡単な作業からその人の処理能力の高さや性格、行動面の特徴を測る検査です。簡単である反面、実際の性格が出やすく企業が利用しています。この様に求人において実施される適性試験は一般的なものが多く、事前に練習しておくことが可能です。慌てずに検査を受けられる様に一度は練習しておくとよいです。

↑PAGE TOP